痛風を薬以外で改善した事

以前痛風発作が出た時には、基本的に薬による治療がメインでしたけどそれ以外の方法でも痛風を改善した事があるのでお話していきます。

 

薬だけでも十分に尿酸値が下がっていったのでそれ以外の方法を取り入れる必要は特になかったですけど、なんとか薬に頼らずに尿酸値が低いのを維持したい気持ちがありましたので、食事と体重のコントロールを取り入れたのです。

 

痛風になった時は、標準よりも太っていたのでまずはダイエットする事を考えて、カロリー制限をした食事に取り組む事にしたのです。

 

先生も太っているのも1つの尿酸値を上げた原因であり、カロリーを多く取り過ぎている食事にも原因があると言われたので、その点をしっかりと改善していく事にしたのです。

 

ダイエットは、運動も取り入れていきましたけど、体重が減量して標準値に戻ると尿酸値もさらに下がってそれなりの効果が出たのでやはり体重減量は正しい選択だと感じたのです。

 

また、食事に関してはカロリー制限だけでなくて、なるべく尿酸値を上げるプリン体の食品を摂取するのを避けるようにして食事で尿酸値を上げないように工夫していったのです。

 

痛風になるまでは、プリン体を多く含む食品も多く摂取していて好きな食品もありましたから制限するのに少し我慢する必要はありましたけど、慣れてくるとうまくプリン体を多く含む食品を制限する事ができたので良かったです。

 

もちろん、プリン体をあまり含まない食品も把握して、それらの食品はなるべく多く摂取していくように心がけるようにしたのです。

 

このように、食事においても痛風を改善しようと頑張っていくと一定の効果が表れて食事による治療も痛風には効果があると感じる事ができて良かったです。

 

(香川県 レアさん)

 

痛風の薬