一日中瞑想状態の睡眠薬セパゾン

セパゾンは長期型の精神安定剤ですが、睡眠薬としての処方もされたことがあります。

 

私は、理由もなく不安になることが日常茶飯事のため、長時間の精神安定が必須だったのです。

 

事実、睡眠前の妄想がひどいもので、放っておくと朝の7時頃まで妄想を続け、その後夕方まで寝てしまうことすらありました。

 

そんな内容を医師に相談したところ、体質改善からの快眠を目指そうと睡眠薬のセパゾンを処方してもらえました。

 

セパゾンの効果はほぼ24時間で、一日一錠でずっと精神安定が図れます。

 

妄想も、やめようと思った時にぴたりとやめられるというオマケもついていました。

 

セパゾンは難点なども特に見つからず、長期的に使用していました。

 

そこに難点があったのです。

 

耐性がついてしまい、この方法が使えなくなりました。

 

セパゾンと何かの組み合わせで寝ることが増えたのです。

 

セパゾンはマイスリーやロヒプノールとの相性が良いです。

 

逆に、個人的な意見ですが、ベンザリンやハルシオンなどとは相性が悪く、寝つきの効果を感じられません。

 

セパゾンを使って、不安を取り除く方法が最適だという方もいるでしょう。

 

セパゾン使用時には、耐性がつくことを念頭に置いて、数日に一回は休みの日をつくりましょう。

 

それが、安定したセパゾンの睡眠薬的使い方の極意だと言えます。